フワーレンさま社務所

ダイスを握ってGloranthaを旅しよう。

深淵のキャラメイクしたよ

 先日は氷川さんのマスターで『深淵』のキャラメイク(だけ)をして遊びました。

 藤井英俊さん田口順子さんのイラストが実に素晴らしいです。

 深淵、息の長い作品ですよね。最初は製品版が出る前にニフティサーブにテキストファイルの形で発表されたんだっけ? 僕が初めてプレイした時も当時草の根ネットで知り合った氷川さんがマスターしてくれた時だったから、まだ20年前にはなってないけどそれに近い昔だよなぁ。なんでも近いうちに第3版のリリースが予定されてるそうな。

 というわけでむこさんのまじない師、Biosysさんの武器商人、AFCPさんの叩き上げ騎士、ぼくの戦争中毒の傭兵ができました。それぞれ悲惨でイヤンな宿命を複数背負ってそうで、実際のセッションが楽しみです。ぐへへ。
 あと、氷川さんが背景世界の雰囲気をマンガ「ベルセルク」っぽいかんじって説明してましたけど、ううむなるほどと思いました。なんかしっくりきます。

 その後はボドゲ。「ドミニオン」は苦手だけど1戦目はがんばったよ! 属州こんなに買えたの初めてだよ! 2戦目はアタックカードを4種も入れやがってグロりました‥‥‥。

 ひさしぶりの「ロボラリー」も面白かったです。にしてもひどいマップだ。(^^;

 今は魚釣りに忙しいけど僕もそろそろKing Arthur PendragonかRunequestのマスター業の仕込みを進めていかないとね。

シャドウランやりましたその2

 前回に続いてRT-Eのみんなとまたシャドウラン第4版』を遊んできました。今回もルールのチュートリアル的に簡単なミッションをひとつこなしてみようってかんじです。

 氷川さん邸のステキタンブラー

 前回キャラメイクしたガンスリンガーアデプトがイマイチだったので今回は素直にルルブに載ってるサンプルキャラをそのまんま使いました。
 反射強化っていうアデプトパワーがまるでサイボーグ009の加速装置みたいで激強くって*1、アキンボして*2調子に乗ってサタスペみたいなノリでトリガーハッピー突撃ヒャッハーしてましたら、至近距離でショットガンをまともに食らって危うくバラバラになるところでした。アイエエエエエエエエエ!

 いやぁ〜〜〜サタスペみたいなノリでいるとやっぱすぐ死ぬわな! まぁサタスペでも以前すぐ死にそうになったけど。><

*1:こっちのは常時発動状態ってのがまた…

*2:サンプルキャラがそうなのです

インセインやりました

 そしてつい先日、RT-EのみんなとホラーRPG『インセイン』を遊んできました。以前遊んだ『ハンターズ・ムーン』と同じ系統の作品らしいです。

 聞き込みや尋問や捜索や調査など従来RPGでいう情報収集行動を「秘密を暴く」というハンドアウト配布イベント的に処理することでスリルや達成感をともなってスマートにスピーディに情報を与えることができ、さらに次の「秘密」へのリンク構造を持っているのでゲームの進行とテンポをうまく盛り上げていると思いました。

 それに加えて今回はGM氷川さんのオリジナルシナリオが非常にがんばって作ってあったのでとても面白かったです。キャラメイク用ハンドアウトには難易度の高いのと低いの*1が混じっていたようですけど。それに出てくる「秘密」毎にハンドアウトの使用が前提となってるシステムらしいので、大量のハンドアウトを準備するだけでもこりゃ大変だったろうなぁと思うと頭が下がります。
 収集した情報を分析するとヤな想像になっちゃってゾーーっとする‥‥‥という正しい恐怖体験が楽しめて大満足でした。

*1:シナリオへのエントリーのしやすさや行動理由の継続性など

ハンターズムーンやりました

 書くのずっと忘れてましたけど1年ちょっと前に、RT-Eのみんなと『ハンターズ・ムーン』を遊んできました。

 やることは強大な怪物を狩り倒すのみ。やれることと回数はきっちり制限されている。それ以外の要素は基本的にスッパリ切り捨ててある。
 ゲーム行動とセッション運営を良い意味でボードゲームっぽくキッパリ割り切ってあるところが小気味よくて秀逸な作品だと思いました。テンポと勢いがいいのでTYPE-MOON作品っぽい熱いバトルを体験している気分に浸れました。

 あと技能表がRQでいう命中部位表を兼ねていて、臓器や四肢が容赦なく潰されていく人体破壊描写がステキすぎてホレそうです。(^^;

シャドウランやりました

 先週RT-Eのみんなとシャドウラン第4版』をプレイする機会がありまして、キャラメイクとお試しプレイをやって遊びました。新紀元社版が出た時に新たな可能性を感じてすぐ買ったんだけど、いままでずーっとプレイする機会なかったんだよね。売っ払わなくてヨカッタ。分厚いルルブにびっしり書かれたルール、ガシェット、世界観がD&Dを追いかける重厚な王道RPGらしくていいよね。

 ただあまりに便利になりすぎた世界観と、(d20やd%システムほど)スマートにまとまってない基本判定辺りのため、何ができて何ができないかがよくわかりませんでした。もちっとやってみたい作品ですね。

大阪RQ2ndミニキャンペーン2実況ツイートまとめ

 セッション中にあんまりコソコソ何かやってるのは気が引けるんだけど、携帯から写真付きで実況ツイートを流してました。マスター様、プレイヤー諸氏、失礼しました。

 はてなダイアリーでは写真のサムネールは表示されないみたいですので*1、よろしかったらtweet本文もご覧下さいね。

*1:tweet末にURLって表示されてる所